フラワーセラピーの専門資格をゲットするなら試験を受けよう

合格したかを確認

レディ

自己採点に利用

司法書士は近年活躍の場が広がっている「街の法律家」です。仕事内容は多岐にわたり、家のこと、会社のこと、家族のことなど幅広い場面で関係する可能性がある存在です。司法書士の試験はいわずとしれた難関資格です。試験は筆記試験と口述試験にわかれており、筆記試験の合格者のみが口述試験に進むことができます。筆記試験は択一式で、午前の部と午後の部に分かれます。それぞれの試験で基準点以上をとり、さらに合計点で合格点を上回ることが必要です。合計では合格点に達していても、どちらか片方が基準点に達していないような場合は不合格となってしまいます。試験が終わった直後から、様々な大手予備校で解答速報が配布されます。ホームページで解答速報を公開している場合もありますし、答え合わせ会のような会が開かれることもあります。いずれにせよ、何らかの形で解答速報を利用し、自己採点を行っておかないと、合格したかの見込みもわからないことになります。そのため、試験後は必ず解答速報を利用して自己採点を行い、司法書士のそれぞれの試験について合格しているのか確認すべきです。司法書士の試験直後から合格が分かれば、次の試験へのモチベーション維持にも役立ちます。もし落ちていたとしても、間違えた部分を確認することで知識を身につけることができ、自分の不足しているところを確認することが可能となります。試験を受けたからには解答速報は活用しないともったいないものといえます。