フラワーセラピーの専門資格をゲットするなら試験を受けよう

幼稚園の先生になるには

レディ

一種と二種がある

小学校に就学する前に、子供達が集団で教育や保育を受ける場所として、幼稚園や保育園、認定こども園などがあります。その中で、幼稚園については、満3歳以上の子供が主に教育を受ける場として設けられた施設となっています。幼稚園で働くためには、まず大学などの教育機関で幼稚園教諭を養成する教育がある学部で学ぶ必要があります。なお、幼稚園教諭には一種と二種の免許があり、どちらも国家資格ですが、就職時に待遇面などに差が出てくることがあります。幼稚園教諭一種は、学士を持った人が取得可能な免許です。学士は基本的に4年制大学で養成課程を修了した人に与えられ、修了と同時に免許を取得することができます。一方で、幼稚園教諭二種については、高校卒業程度で養成課程を修了した人が取得することができる資格になります。どちらの資格も幼稚園教諭として働くことができますが、4年制大学を卒業することによって、より専門的で幅広い教育を受けることができます。また、就職面に関しても、幼稚園教諭一種免許を持っている人のほうが、給料の基準額が高い傾向にあります。なお最近は、幼稚園教諭免許だけでなく、保育士の免許を併せて大学で取得する人が増えています。近年、共働き家庭が増えたことにより、長時間の預かり保育を行う幼稚園や認定こども園に形態を変えて運営する幼稚園も増えています。そのため、幼稚園教諭の免許を持っている人は、就職の際に保育士の免許も併せて持っていると有利です。